【メルマガ第4回】これであなたもGoogleマスター!最初の一歩「アカウント」とは?

こんにちは。シンライフラークの水谷倫子です。

このメルマガは動画でも見ることができます。
https://youtu.be/8d32TjBcbAs

2回目のメルマガでITツールの全体像から4つの目的に合わせてツールを選ぶお話を致しました。
今日はその1つ目について説明をしていきます。
何を始めるにしてもこれがないと始まらない。

・「Googleアカウント」を作る
会社では指定されたメールアドレスを使ってるため仕事でGmailやYahoo!メールなどフリーメールを使う機会が少なかったと思います。

今回は、自分で何事もしていかなければいけないということを前提にアカウントを取得することについて説明します。

正直、私は「アカウント」に苦手意識がありました。
なぜかというと何かを登録するたびに「新規アカウントを登録」という言葉を見かけるので『この前、登録したアカウントとこのアカウントは何が違うの?』と区別がつかなくてよく分からなかったからです。

アカウントをメールアドレスに指定するものもあれば、そうではないものもあり一体何だろうとこんがらがっていたことがあります。

『アカウントアドレスだの、アカウントIDだの』
『それって何!?』

アカウントというのは私達が、ネットワークやインターネットのサイトなどにログインをするための権利のことです。

ちょっとイメージしやすいもので例えると、
お金を貯金したいと思ったら銀行の口座を作りますよね?
口座を作らないと入金も引き出しもできません。
銀行口座を作って、その銀行の色々なサービスを受けるために銀行口座を作ります。その口座のイメージをもってください。

インターネットの色々なサービスを使うために口座(アカウント)を作る。

ここではアカウント自体が何かを深堀りはしません。
私たちのゴールは「自分のやりたい仕事、業務」を実現するためにITツールを「必要最低限理解する」

そこに到達するためにインターネット上のサービスを使うための第1歩を踏み出す。
それが「Googleアカウント」を作ることです。

なぜ今回、Googleのアカウントを選んだのかというと、Google社が提供しているサービスを使うためのユーザー登録をするためです。

「Googleアカウント」を持つと
①Gmail(ジーメール)
②YouTube(ユーチューブ)
③Google Drive(グーグルドライブ)
などのサービスが利用できるようになります。

ここで大切なのは、
「Googleアカウント」を登録するということは、同時にGmailのアドレスを作ることにもなります。

新規登録をするとき「ユーザー名@gmail.com」の「ユーザー名」を入力するとGmailアドレスの出来上がりです。

「ユーザー名」はあとから変更できないので慎重に決めてください。「michiko」なのに「mihiko」と登録してしまうと変更はできません。老眼のせいにはしたくありませんが、なんとなく合っているかなというノリで字を読む癖がついてるゆえ、私はこのようなそそっかしい失敗をしたことがありました。

登録前には、
・入力漏れはないか?
・タイプミスはないか?
・ずーっと使うけどこれでいいのか?
あとからは変更できないので慎重に入力をしてくださいね。

あとは、ここで作ったGmailアドレスが『Googleアカウントにログイン』するためのユーザーIDになります。

もしGmailを使っているならば、すでに「Googleアカウント」を持っているということになります。
次回はメールについてお話を進めていきます。

さて、今日のメルマガは動画でも見ることができます。
https://youtu.be/8d32TjBcbAs

是非ご覧くださいね。

最後までお読みくださりありがとうございます。
それでは、また!